ファイナンス

企業が活動を行うためには、円滑な資金調達を行うことが必須となります。このようなファイナンス分野においては、金融商品取引法、銀行法、信託業法、投信法、保険業法、貸金業法、出資法、資金決済法など、数多くの規制関連法に加え、社債・株式等振替法等の関連法令や、金融商品取引所・証券業協会等の諸規則、金融庁その他の行政庁の策定するガイドライン等にも留意する必要があります。 これらの法規制は、非常に高度で複雑であるため、ファイナンス法に特化した専門家のアドバイスは不可欠となります。
また、近時においては、金融関連法制の施行・改正のスピードが著しく、規制の内容もより詳細なものになっており、さらには、Fintech、仮装通貨などの新たな分野も注目されつつあります。
BUSINESS LAWYERSでは最新の金融関連実務の解説に加え、ファイナンス法に通暁した実務経験豊富な弁護士のプロフィールを掲載しています。

ファイナンスに詳しい弁護士を探す

ファイナンスのニュース

もっと見る(6,785件)

ファイナンスの特集

改正資金決済法で新設された第一種資金移動業とは? - 認可申請等の実務に必要な知識を解説

資金移動業とは  資金決済に関する法律(以下「資金決済法」といいます。)においては、従前、銀行以外の事業者が送金サービスを行うことを可能にするため、資金移動業という登録ライセンスが設けられていました。これにより、さまざまな事業者が少額(100万円を超えない範囲)の送金サービスを提供するに至っていま...

高松 志直弁護士
弁護士法人片岡総合法律事務所

ファイナンス
もっと見る(47件)

ファイナンスの人気特集

  1. 改正保険業法によって保険商品の販売勧誘規制はどう変わったか?
  2. 2020年6月法改正、金融サービス仲介業の概要とビジネスへの影響
  3. 2020年5月1日施行 改正金商法上のセキュリティトークンとは
  4. 2021年2月公表 金融サービス仲介業に関する政令・内閣府令案等とビジネスへの影響
  5. 信託スキームの新たな潮流 自己信託の制度・機能、活用例は
  6. 信託の基本的構造と機能

ファイナンスの実務Q&A

大株主からの相対取得とTOB規制

相対取得等と公開買付け規制  公開買付け規制は、基本的に、相対取得等をした場合の株券等所有割合が5%を超える場合、3分1を超える場合に適用があります。また、すでに50%を超える株券等所有割合を有する者が、3分の2未満まで株式を取得する場合にはTOBを強制されないという例外があります。したがって、まず、5%、3分の1、...

西岡 祐介弁護士
祝田法律事務所

ファイナンス
もっと見る(70件)

ファイナンスの人気実務Q&A

  1. インサイダー情報となる重要事実とは
  2. リスク低減措置としての「顧客管理」(カスタマー・デュー・ディリジェンス)とは
  3. インサイダー取引規制における「公表」とは
  4. インサイダー取引規制の適用除外取引
  5. マネー・ローンダリング対策に係る国際的取組み
  6. マネー・ローンダリング、テロ資金供与対策におけるリスクベース・アプローチとは

ファイナンスに詳しい弁護士

渡邉 雅之弁護士

弁護士法人三宅法律事務所

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 人事労務
  • 危機管理・内部統制
  • ファイナンス
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
  • 不動産
  • 資源・エネルギー
  • ベンチャー
もっと見る(369人)