ファイナンス

企業が活動を行うためには、円滑な資金調達を行うことが必須となります。このようなファイナンス分野においては、金融商品取引法、銀行法、信託業法、投信法、保険業法、貸金業法、出資法、資金決済法など、数多くの規制関連法に加え、社債・株式等振替法等の関連法令や、金融商品取引所・証券業協会等の諸規則、金融庁その他の行政庁の策定するガイドライン等にも留意する必要があります。 これらの法規制は、非常に高度で複雑であるため、ファイナンス法に特化した専門家のアドバイスは不可欠となります。
また、近時においては、金融関連法制の施行・改正のスピードが著しく、規制の内容もより詳細なものになっており、さらには、Fintech、仮装通貨などの新たな分野も注目されつつあります。
BUSINESS LAWYERSでは最新の金融関連実務の解説に加え、ファイナンス法に通暁した実務経験豊富な弁護士のプロフィールを掲載しています。

ファイナンスに詳しい弁護士を探す

ファイナンスのニュース

もっと見る(6,869件)

ファイナンスの特集

若手弁護士2人が語る 日本とケイマンのPE/VCファンド

第3回 日本法弁護士とケイマン法弁護士の協働と日本におけるオルタナティブ投資の展望

日本とケイマンにおけるPE/VCファンドの実務を知る大江橋法律事務所の櫻井 拓之弁護士、Harneys法律事務所の范 宇晟弁護士にファンド組成の基礎と魅力を紹介いただく座談会も今回で最終回を迎えます。 今回は、日本法弁護士とケイマン法弁護士の協働と日本におけるオルタナティブ投資の展望について伺いま...

櫻井 拓之弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

ファイナンス
もっと見る(51件)

ファイナンスの人気特集

  1. 改正保険業法によって保険商品の販売勧誘規制はどう変わったか?
  2. ケイマン・スキームを利用した日米の投資家向けヘッジ・ファンド組成の指南
  3. 信託の基本的構造と機能
  4. ファンドとは何か PE/VCファンドの違い、オンショアとオフショアの違い
  5. 改正資金決済法で新設された第一種資金移動業とは? - 認可申請等の実務に必要な知識を解説
  6. 信託スキームの新たな潮流 自己信託の制度・機能、活用例は

ファイナンスの実務Q&A

金融活動作業部会(FATF)による第4次対日相互審査結果で押さえるべき8つのキーワード

 前稿では、金融活動作業部会(Financial Action Task Force:FATF)による第4次対日相互審査の結果の概要について解説しました。本稿では審査報告書に現れているキーワードについて見ていきたいと思います。 FATF第4次対日相互審査報告書の内容と金融機関等の対応 1記事目:「マネー・ローンダリ...

大野 徹也弁護士
プロアクト法律事務所

ファイナンス
もっと見る(74件)

ファイナンスの人気実務Q&A

  1. インサイダー情報となる重要事実とは
  2. インサイダー取引規制の適用除外取引
  3. インサイダー取引規制における「公表」とは
  4. 金融商品取引法(日本版SOX法)に基づく内部統制システム構築義務について
  5. リスク低減措置としての「顧客管理」(カスタマー・デュー・ディリジェンス)とは
  6. 金融ライセンスの必要性と種類

ファイナンスに詳しい弁護士

渡邉 雅之弁護士

弁護士法人三宅法律事務所

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 人事労務
  • 危機管理・内部統制
  • ファイナンス
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
  • 不動産
  • 資源・エネルギー
  • ベンチャー
もっと見る(383人)