IT・情報セキュリティ

インターネットが普及するにつれて、今まで企業が経験した事がない問題が増えています。ECサイトや、オンラインゲーム、SNS、ウェブメディア、スマホアプリを開発・運用する際の利用規約、オンライン決済、ユーザー間のトラブル、プライバシー保護・著作権の問題など、インターネットを事業の手段として用いる企業が直面するトラブルは次々と発生しています。また、個人情報保護、セキュリティ対策など、一般の事業会社でも注意しなければいけない問題が多々あります。
技術やビジネスモデルの進歩が非常に速く、まだまだ法規制もめまぐるしく変わっていく分野ですが、そうであるからこそ、リスクを過剰に捉えるのではなく、うまくコントロールするために、専門家による解説をご覧ください。

IT・情報セキュリティに詳しい弁護士を探す

IT・情報セキュリティのニュース

もっと見る(2,444件)

IT・情報セキュリティの特集

NFTと法

第7回 NFTに関する税務上の取扱い

NFTに関する税務上の取扱いの現状  NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)に関する税務上の取扱いについては、現状、国税庁等が公表したものはなく、明確な指針が存在しない状況ですが、すでにNFTに関する相当数のビジネスが現実に展開されています。  そこで、本稿においては、...

長瀨 威志弁護士
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所 外国法共同事業

IT・情報セキュリティ
もっと見る(112件)

IT・情報セキュリティの人気特集

  1. 【弁護士が解説】 NFTとは? 法規制と実務上の留意点
  2. NFTアートと著作権法の関係
  3. 令和3年改正プロバイダ責任制限法の影響度と実務対応 - 新たな裁判手続の創設、ログイン型投稿への対応、意見聴取義務
  4. 【弁護士が解説】 NFTを活用したブロックチェーンゲームと法規制
  5. 【弁護士が解説】 NFTは金融規制上どのような法的位置付けになる?
  6. リクナビによる「内定辞退率」データ提供の問題点はどこにあったか 法的観点から弁護士が解説

IT・情報セキュリティの実務Q&A

退職者による機密情報持出し・漏えいへの対応策 - 調査・ヒアリング、規程整備等を中心に

はじめに
  退職者(退職予定者も含み、以下同様とします)による機密情報持出し・漏えい(以下、「持出し等」といいます)は、今も昔も企業にとって重大な問題です。たとえば、経済産業省知的財産政策室の「営業秘密の保護・活用について」(平成29年6月)によると、「中途退職者(正規社員)による漏えい」は、2番目に多い情報漏えい...

柳田 忍弁護士
牛島総合法律事務所

IT・情報セキュリティ
もっと見る(177件)

IT・情報セキュリティの人気実務Q&A

  1. 請負契約と準委任契約の違いとは
  2. 令和3年個人情報保護法改正とは?改正項目の全体像と施行スケジュールを解説(新旧対照表つき)
  3. 要配慮個人情報とは
  4. 行動ターゲティング広告に令和2年個人情報保護法改正が与える影響は?
  5. システム開発契約では、請負契約と準委任契約をどのように使い分けるべきか
  6. 改正個人情報保護法によって設けられた個人識別符号とは?

IT・情報セキュリティに詳しい弁護士

渡邉 雅之弁護士

弁護士法人三宅法律事務所

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 人事労務
  • 危機管理・内部統制
  • ファイナンス
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
  • 不動産
  • 資源・エネルギー
  • ベンチャー
もっと見る(226人)