取引・契約・債権回収

契約書に関するトラブルは、事業活動を行う上で切り離せない問題です。締結する事が多い秘密保持契約や業務委託契約であっても、いつも利用しているひな型をそのまま利用していると、思わぬトラブルに見舞われる可能性があります。また、売買契約や賃貸借契約、委託契約などでは費用や納期、品質に関する問題がトラブルの原因として多くあげられます。BUSINESS LAWYERSでは、国内の契約書に限らず、英文契約の情報も含めて、契約書の見直しに役立つ情報を掲載していきます。
また、様々な関係部門との調整、相手方との交渉、契約締結後の対応や、印紙、記名・押印など契約書の中身以外の事でも問題が多岐に渡リます。いつも締結しているから大丈夫、と思っていることで行政から指導を受ける事や、契約が無効となってしまう事がないよう、しっかりと点検することが重要です。

取引・契約・債権回収のニュース

もっと見る(710件)

取引・契約・債権回収の特集

法務初心者のための契約書作成・レビューのポイント

第3回 取引基本契約のレビュー 納品・受領遅滞条項のポイント

この記事では、取引基本契約の納品に関する条項について、個別契約との関係にも触れながら、基本的なポイントをわかりやすく解説します。 取引基本契約の概要についてはこちらの記事で解説しています。 想定事例 部品・半製品メーカーのA社(非上場・資本金5億円)と、完成品メーカーのB社(上場)は、これま...

廣瀬 崇史弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

取引・契約・債権回収
もっと見る(77件)

取引・契約・債権回収の人気特集

  1. 契約交渉で修正を要求・拒否するときの事業部・取引先へのコメント実例
  2. 英文契約書のサンプル・テンプレート:英語で構成する際の用語集
  3. 【法務部の新人指導】双日法務の契約書レビューの座学プログラム・育成計画と指導法を公開
  4. 英文契約書送付時のメールや取り交わしの送付状の例文・ドラフト送付の文章
  5. 貿易決済の種類と条項
  6. 信用状付荷為替決済(L/C決済)の為替手形と開設依頼書

取引・契約・債権回収の実務Q&A

個人再生とはどのような手続か

個人再生とは  個人再生は、経済的に破綻に瀕した個人について、破産手続を回避しつつ、再生計画に従って債務の一部免除を受けながら将来収入等を弁済原資として残部を分割により弁済し、経済生活の再建を図る手続として創設されました。個人再生は、企業等の事業再生の場面で利用される「通常再生」の特則であり、通常再生と比べて手続が簡...

宮本 聡弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

取引・契約・債権回収
もっと見る(77件)

取引・契約・債権回収の人気実務Q&A

  1. 民法改正で瑕疵担保責任から契約不適合責任となって何が変わるか
  2. 消滅時効についての民法改正の概要
  3. 債権が消滅しないように時効を更新させるにはどうしたらよいか
  4. 民法改正が契約書の瑕疵担保責任(契約不適合責任)条項に与える影響
  5. 民法改正による消滅時効に関する変更点 「主観的起算点」とは
  6. 請負に関する民法改正のポイント