国際取引・海外進出

経済活動のグローバル化に伴い、海外の法令情報の入手が必要な場面も増えてきました。BUSINESS LAWYERSでは、中国を始め、フィリピン、ベトナム、インド、ロシアなど現地情報に精通した弁護士による解説記事を掲載しています。海外との輸出入などの取引だけでなく、現地進出、会社設立、人材活用、トラブルへの対応など、様々な角度から現地の最新情報を常にキャッチアップし、事業活動にお役立てください。

国際取引・海外進出に詳しい弁護士を探す

国際取引・海外進出のニュース

もっと見る(1,781件)

国際取引・海外進出の特集

サステイナビリティ時代に求められる企業の経営戦略

第12回 人権デューデリジェンスの実践(その4) - 類型にもとづくリスク分析と企業に求められる対応

※本記事は、西村あさひ法律事務所が発行するニューズレターの「サステイナビリティと日本企業の海外進出 - ビジネスと人権(9) 人権デューデリジェンスの実践[その4] -」の内容を元に編集したものです。  前回の第11回「人権デューデリジェンスの実践(その2) - データ収集時におさえておくべき...

渡邉 純子弁護士
西村あさひ法律事務所

国際取引・海外進出
もっと見る(99件)

国際取引・海外進出の人気特集

  1. 英文契約書の準拠法、管轄裁判所、紛争解決
  2. 英文契約書の冒頭の規定、Whereas条項
  3. 英文契約書の保証の否認、責任の制限、秘密保持
  4. 海外腐敗行為防止法とはどのような制度か? 〜日本企業が対策を取るために知っておくべきリスクの基本〜
  5. 英文契約書の表明保証
  6. 英国現代奴隷法の強化と「現代奴隷」

国際取引・海外進出の実務Q&A

ベトナム労働法における解雇制度と過去事例

法定の解雇事由と過去事例  現在、ベトナムでは、2019年労働法および政令No.145/2020/NĐ-CP号等の詳細規定により、解雇に関する内容が規定されています。  法定の解雇事由は、次の通りとなります(労働法125条)。 労働者が職場で窃盗・横領・賭博、故意に基づく傷害の惹起・麻薬使用を行う場合 労働...

盛 一也弁護士
明倫国際法律事務所

国際取引・海外進出
もっと見る(114件)

国際取引・海外進出の人気実務Q&A

  1. 中国企業との契約における準拠法と紛争解決条項のポイント
  2. 中国事業からの撤退する際の留意点 解散・通常清算の手続
  3. 海外市場で販売を行うために販売店・代理店を選任する場合の留意点
  4. 中国合弁会社のコントロールに対する外商投資法(2020年1月1日施行)の影響
  5. 国際商事仲裁とはどのような制度か
  6. 中国における合弁事業のメリット・デメリットと失敗対策

国際取引・海外進出に詳しい弁護士

廣澤 太郎弁護士

西村あさひ法律事務所 東京事務所

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 危機管理・内部統制
  • 国際取引・海外進出
  • 資源・エネルギー
もっと見る(457人)