すべての特集

1〜4件を表示 4

環境ファンド・自然エネルギーファンドと事業型ファンドの組成において留意すべきポイント(後編)

 近時、環境・エコロジーへの意識の高まりから、国内外において、同対策に力を入れている企業への投資や風力発電・太陽光発電等の自然エネルギー事業に対する投資を行う、いわゆる環境ファンドが数多く見られるところです。  環境ファンド・自然エネルギーファンドについて説明した前編に続き、後編では、集団投資スキ...

猿倉 健司弁護士
牛島総合法律事務所

資源・エネルギー

2020年米国大統領選挙が気候変動対策に与える影響

※本記事は、三菱総合研究所 環境エネルギー・トピックス「2020年米国大統領選挙が気候変動対策に与える影響」の内容を元に編集したものです。 2020年11月3日、米国では大統領および上下院議員の選挙が行われました。得票数や一部の結果について、最終稿作成時点(2020年12月15日)で完全には確定し...

高橋 尚子弁護士
株式会社三菱総合研究所

資源・エネルギー

環境ファンド・自然エネルギーファンドと事業型ファンドの組成において留意すべきポイント(前編)

はじめに  近時、環境・エコロジーへの意識の高まりから、国内外において、同対策に力を入れている企業への投資や風力発電・太陽光発電等の自然エネルギー事業に対する投資を行う、いわゆる環境ファンドが数多く見られるところです。  ファンドには、組合型、信託型、併用型、いろいろな形態があります。  そのな...

猿倉 健司弁護士
牛島総合法律事務所

資源・エネルギー

プラスチック製ストローから読み解く、CSR報告書の新たな意義

タピオカブームの再燃と新たな会話  筆者の印象だが「若い女性の長蛇の列の先は大よそタピオカ店」である。何故か今、タピオカブームが再燃している。日本でタピオカがブームになったのは1992年頃だと言われているが、26年たった今、LCC(ローコストキャリア)就航による台湾へ...

片桐 さつき
宝印刷グループ 株式会社ディスクロージャー&IR総合研究所

資源・エネルギー